世界で一つしかないアクセサリーのプレゼント選びのコツ

アクセサリーをプレゼントする時、どういった点に気を付けると、より相手に喜んでもらえる物を贈ることができるのでしょうか。まずは、アイテム選びです。指輪を贈る場合は、サイズが重要です。大きすぎるサイズを贈ると相手はショックを受けますし、小さすぎても相手が恥ずかしい思いをしますので、サイズが全く分からない場合は、指輪は避けた方が無難です。どうしても贈りたい場合は、相手に直接サイズを聞くか、普段着けている指輪を参考にサイズを調べておく必要があります。イヤリングやピアスを贈る場合は、相手がイヤリングなのかピアスなのかを調べておく必要があります。ピアスホールが開いていないとピアスは着けられませんし、ピアスホールを開けている人は、あまりイヤリングは着けません。ネックレスやブレスレットは、このような注意点は無く、プレゼントとして贈りやすいアクセサリーです。

アクセサリーをプレゼントする時のデザインの選び方

アイテムが決まったら、デザインの選び方です。カジュアルな物よりも華奢でエレガンスな物の方が、プレゼント感があり、贈り物として好まれます。ただし、普段からカジュアルな物を好んで着けられている方なら、相手の好みに合わせたカジュアルな物を選ばれるのも喜ばれます。ブランドものが必ずしもいいわけではありませんが、質が良く、デザインも洗練されていますので、アクセサリーのプレゼントには喜ばれます。また、年齢に合ったデザインを選ぶことも大切ですし、宝石に込められた宝石言葉で選ぶのも選び方の一つです。世界に一つしかないアクセサリーを贈りたい方は、ハンドメイドのアクセサリーという方法もあります。インターネットでは豊富なハンドメイド商品が揃っています。また、自分の好みにカスタマイズできるジュエリーショップもあり、アイテム、素材、デザインを選び、自分だけのアクセサリーを作ることができます。

アクセサリーをプレゼントする時の素材の選び方

アクセサリーのプレゼントの選び方の最後のポイントは素材です。シルバーはよく使われる素材ですが、変色するのでお手入れが必要になります。ゴールドはホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドがあり、イエローゴールドは派手に見えやすいので贈る際はご注意下さい。プラチナの価格は高めですが、変色や変質しにくい素材です。また、相手の方に金属アレルギーがある場合は、注意が必要です。アレルギー反応が出にくい素材には、プラチナ、金、チタン等がありますが、プラチナや金は他の素材を混ぜてアクセサリーを作ることが多いので、注意が必要です。安価な物も、プラチナや金のコーティングが剥げて中から安価な素材が出てしまいます。アレルギー対策としては、レザーの商品という選択肢もあります。一般的なアクセサリーの選び方をご紹介しましたが、相手の好みを考慮して選ばれるのが、一番喜ばれます。